S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
PAGE RANKING
ブログパーツ
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | | -|
<< スタンド・バイ・ミー | main | 僕の彼女はサイボーグ >>
父、帰る
◆あらすじ
母と祖母と暮らしていた兄弟のもとに、家を出ていた父が12年もの長い歳月を経て戻ってきた。写真でしか見たことのない父の出現に子どもたちは戸惑うが、父はお構いなしに彼らを湖への小旅行へ連れて行く……。(シネマトゥデイ)
2003年 ロシア 111分
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
出演:イワン・ドブロヌラヴォフ、ウラジーミル・ガーリン、コンスタンチン・ラヴロネンコ、ナタリヤ・ヴドヴィナ


◆感想
DVDのジャケットの男の子を「シックス・センス」のハーレイ・ジョエル・オスメントくんと勘違いしてレンタル。
よく考えればロシア映画だし、全然違うんだけど…だって、似てない?

このお父さん、酷いな…大嫌い!って思ったよ、最初はね。
イワンがいじめてると思うのも当然だと。
それがお父さんなりの精一杯の愛情表現だったんだろうけど、これじゃ可哀相だけど伝わらないよ…。
子供たちとは完全に擦れ違っているし。
それが、切ないなって後になって思う…。
私も父の事が大嫌いだから、色々考えさせられる部分はあります。
父の事が嫌いでも、ぶっきらぼうな父なりに愛情があるのかも…なんて少し思ったりしました。

広大な自然が美しい。
空の青さに吸い込まれそうになる。
それと対照的な木々のざわめきは、不安を煽った。

最後はまさかの衝撃的な展開で、どうなるのかと思っているうちに終わってしまって、謎が残ったままで、どうもしっくりこなかった。
見た後に、じわじわと考えさせられる映画なんじゃないかな。


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 洋画★★★☆☆ | 21:33 | comments(0)|
スポンサーサイト


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | 21:33 | -|
     Comment