S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PAGE RANKING
ブログパーツ
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | | -|
<< 大停電の夜に | main | 神童 >>
包帯クラブ
評価:
石原さとみ,柳楽優弥,堤幸彦
◆あらすじ
大切なものが少しずつ失われていく毎日に、嫌気がさしている女子高校生のワラ(石原さとみ)は、ある日、病院の屋上のフェンスを乗り越えようとする。そのとき、奇妙な関西弁を話す入院患者の少年ディノ(柳楽優弥)が、突然ワラの前に現われる。手首に傷を負ったワラの心の傷を見抜いたディノは、ワラの手首からほどけ落ちた包帯をフェンスに結び付け……。(シネマトゥデイ)
2007年


◆感想
誰もがそれぞれに傷を持っていて、傷ついた場所に包帯を巻いてくれるとか、お葬式をあげてくれるとか、包帯クラブって何だかいいな、そう素直に思えた。
でも、テンポが掲示板に書き込んだように、人の傷を軽く見てるとか、偽善者って事も分かる気がする。
確かに包帯巻いただけで、傷が治るわけじゃないけれど、それで救われてる人もいるわけだから、最終的には包帯クラブに賛同します。
ワラが「だって友達じゃん!」っていうセリフには、冷めてしまった。友達ごっこみたいな感じがしてしまって…。こういう、いかにも青春っぽい熱いセリフは苦手。
石原さとみのワラ役は好きです。言葉遣いが悪いところも可愛らしくて、好感持てました。


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 邦画★★★★☆ | 12:02 | -|
スポンサーサイト


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | 12:02 | -|