S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PAGE RANKING
ブログパーツ
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | | -|
<< 東京少女 | main | LIVE BEE LOUD〜THANKS GIVING〜/HIGH and MIGHTY COLOR >>
じゃりン子チエ
◆あらすじ
バクチ好きのダメな父親テツに代わり、ホルモン焼きのお店を切り盛りしている大阪の女子小学5年生・竹本チエ。そんなチエは時おり別居中の母ヨシ江と顔を合わせ、今日も縁日での休みを満喫する。だがその現場をテツに見られてしまい…。(allcinema ONLINE)
1981年 日本 110分
監督:高畑勲
声の出演:中山千夏、西川のりお、西川きよし、横山やすし、島田紳助、松本竜介、京唄子、鳳啓助


◆感想
私の一番好きなアニメが「じゃりン子チエ」。
子供の頃、よくこの劇場版の「じゃりン子チエ」が放送されていた。
アニメのDVDBOXを持っているので、アニメのお話を切り取って繋げたこの劇場版を改めて見て、目新しさがないのは残念だけど、それでもいい作品だと思う。

基本的にはギャグ漫画なんだけど、泣ける漫画なのよ。
大阪の下町のあの温かい雰囲気もいいし、出てくる人がテツを筆頭にめちゃくちゃなんだけど、憎めない人ばかり。

チエちゃんの「うちは元気や。元気やなかったら生きていけへんもん」という台詞が好き。
チエちゃんは強くて、たくましくて、元気で、憧れの女の子。
そんなチエちゃんが大泣きした参観日は子供の私にも、ものすごく衝撃的で、そのシーンはずっと覚えていた。
後にも先にも、こんなに大泣きしたチエちゃんってないんじゃないかな。

いつも私の涙腺を刺激するのは、遊園地のシーン。
80年代の今から考えるとチープな遊園地が、子供の頃に行った地元の遊園地に似ていて。
親子三人での遊園地。
お父さんとお母さんがいて、笑っていて、チエちゃんの望んでいたものだったんだと思う。
このシーンではいつも泣かされるんです。
劇場版用の曲も温かくて、優しくて、また涙してしまう。


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 邦画★★★★★ | 22:39 | comments(0)|
スポンサーサイト


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | 22:39 | -|
     Comment