S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PAGE RANKING
ブログパーツ
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | | -|
<< グッド・ウィル・ハンティング〜旅立ち〜 | main | ラストラブ >>
ポネット
◆あらすじ
4歳の主演少女ヴィクトワール・ティヴィソルが、96年のヴェネチア映画祭で女優賞を受賞した感動作。愛する母親の死に直面した4歳の少女が、死と向かい合いながら乗り越えてゆくまでを心温かい眼差しで描く。史上最年少で受賞した、ティヴィソルの純朴な演技は絶品。事故で亡くなってしまった母親を、ひとり待ち続ける少女ポネット。そんな彼女を見た周囲の大人達は、彼女に死の意味を教えるが、ポネットは逆に自分の世界に閉じこもってしまう。そんな時、彼女の前にある“軌跡”が訪れるが……。(allcinema ONLINE)
1996年 フランス 99分
監督:ジャック・ドワイヨン
出演:ヴィクトワール・ティヴィソル、マリー・トランティニャン、グザヴィエ・ボーヴォワ


◆感想
公開当時から見てみたかった作品。
妹が見て、よく分からなかったとか、イマイチだと言っていたので、ずーっと見るのをためらっていたけど、どうしても気になって鑑賞。

ポネットが可愛すぎる。
演技とは思えないくらい自然だった。
母の死を受け入れられなくて、切なそうな、寂しそうな表情が上手いし、可愛いの。
可愛さや微妙な表情の上手さは、DVDのジェケットを見ただけでも分かる。
これに惚れて見たようなものだから。

でも、ポネットの可愛さだけではちょっと辛かった。
ポネットに奇跡が起こるまでは、同じことの繰り返しをぐるーぐるーと…。
だから、いくらポネット可愛さで見て、小さな表情の一つも見逃したくないと思っても、流石に飽きてしまう。

奇跡が起きて、ポネットが一つ成長するところは良かった。
メッセージ性もあるしね。
長く退屈に感じたけれど、4歳のポネットが母の死を受け入れるには、これくらいの時間がかかって当然なんだろうなぁ。
死を受け入れるなんて、大人でもなかなか出来ないものだから…。


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 洋画★★☆☆☆ | 20:05 | comments(0)|
スポンサーサイト


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | 20:05 | -|
     Comment