S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
PAGE RANKING
ブログパーツ
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | | -|
<< サラエボの花 | main | 椿三十郎 >>
初恋
◆あらすじ
友達も作らず、ひたすら読書をする日々を送る孤独な高校生のみすず(宮崎あおい)は、ある日の放課後、新宿の繁華街へ足を運んでいた。実の兄の亮(宮崎将)をはじめ、個性的な面々が集うジャズ喫茶店Bへ入ったみすずは、生まれて初めて“仲間”という存在に触れ、東大生の岸(小出恵介)に切ない感情を抱き始めるが……。(シネマトゥデイ)
2006年 日本 114分
監督:塙幸成
出演:宮崎あおい、小出恵介、宮崎将、小嶺麗奈、柄本佑、青木崇高、松浦祐也、藤村俊二


◆感想
「三億円事件の犯人は女子高生だった」というのに惹かれて鑑賞。

「心の傷に時効はないのだろうか」、この問いが衝撃で、一気に心掴まれた。
けど、それも最初だけで、物語はただつまらなく感じた。
六十年代の雰囲気はとてもよく出てると思うのだけれど、私はどこか懐かしい感じが好きで、この映画はただ古臭いと感じてしまって…。
宮崎あおいちゃんは現代っぽかったけど、小出恵介くんはこういう時代の役にぴったりだったな(悪い意味じゃないよ)

最初の問いに物語の最後でみすずなりの答えが出る。
私が考えた答えもみすずと同じ。
心の傷は表面上治ったように見えても、ずっと続いているから。
痛みも癒える事はあっても、消える事はない。

最後の終わり方は好きだな。
ドキュメンタリーっぽいけど、切なくなる。
それぞれに時代を懸命に生きていたんだって、そんな風に思った。


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 邦画★★☆☆☆ | 11:31 | comments(0)|
スポンサーサイト


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | 11:31 | -|
     Comment