S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PAGE RANKING
ブログパーツ
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | | -|
<< 虹の女神 Rainbow Song | main | 初恋 >>
サラエボの花
◆あらすじ
12歳の娘サラ(ルナ・ミヨヴィッチ)とつましく暮らすエスマ(ミリャナ・カラノヴィッチ)は、修学旅行を楽しみにするサラのため旅費の調達に奔走している。そんな中、戦死者の遺児は修学旅行費が免除されると知ったサラは、戦死したと聞かされていた父親の戦死証明書を学校へ提出するようエスマに提案するが……。(シネマトゥデイ)
2006年 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ/オーストリア/ドイツ/クロアチア 95分
監督:ヤスミラ・ジュバニッチ
出演:ミリャナ・カラノヴィッチ、ルナ・ミヨヴィッチ、レオン・ルチェフ、ケナン・チャティチ


◆感想
戦場の映像はないものの、戦争の残酷さ、悲惨さは痛々しいほど十分に伝わってくる。
序盤の母と娘のじゃれ合う姿は微笑ましかったけれど、かなり重くずっしりくる内容で、見終わった後はどっと疲れて、ぼーっとしてしまった。
淡々としているのに、この重さは何だろう…。

母の苦悩が痛々しくて…。
娘にはそれが伝わってないみたいで、態度は終始ふてぶてしい。
でも、娘も娘で悩んでいて、真実を知った時のショックといえば、想像出来ないほどだと思う。
父は戦死したと思い込んでいて、それを心の支えするように生きていたのに…。

DVDのジャケットの母と娘の写真がいいわ。
感動ものだと思って見たのだけれど、号泣するような映画ではなく、ずっしり重かった。
かなり疲れる…。


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 洋画★☆☆☆☆ | 11:00 | comments(0)|
スポンサーサイト


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | 11:00 | -|
     Comment