S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PAGE RANKING
ブログパーツ
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| - | | -|
カンナさん大成功です!
◆あらすじ
身長169センチ、体重95キロのカンナ(キム・アジュン)は、美声を生かして音楽業界に入ったものの、舞台裏でスター歌手の声を当てる日々。ある日、思いを寄せるプロデューサー、サンジュン(チュ・ジンモ)が「カンナには才能はあっても美ぼうがない」と言っているのを耳にしたカンナは、美ぼうを手に入れるために大手術を決意する。(シネマトゥデイ)
2006年 韓国 116分
監督:キム・ヨンファ
出演:チュ・ジンモ、イム・ヒョンシク、イ・ウォンジョン、キム・ヨンゴン、ソン・ドンイル、ソ・ユン、キム・ヒョンスク、パク・フィスン


◆感想
鈴木由美子さんの原作のファンです!!(本を滅多に読まないから、今まで原作と比べる事が出来なかったからちょっと嬉しい笑
原作がかなり面白いので、映画にもかなり期待してたのですが、設定が同じだけで原作とは別物でした。
主人公の性格がいいじゃないか!
デブでブスでも明るくて、前向きだしkirakira2
原作では性格がちょっとひねくれていて、そこが面白かったのだけどちゅん

暗くならずに明るくて前向きなところがいい。
原作ではあくまでギャグ漫画だけど辛い描写もあったので…。

一番気に入ったのがカンナさんの歌。
すごくパワーがあって、元気が出る感じで好き。
サビの「マリーア♪アベマリーア♪」は口ずさみたくなっちゃう♪
サントラあったら聞いてみたいな。
★3つでも良かったけど、歌が良かったので★4つにしました。

<追記>
調べてみたら、梨花が歌ってるのね電球
梨花はあまり好きじゃないけど、聞きたいっ!
B000WZO5V8MARIA/smile
梨花 Rinka Jusme
エイベックス・エンタテインメント 2007-12-12

by G-Tools


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 洋画★★★★☆ | 10:15 | comments(0)|
ラブ・アクチュアリー
◆あらすじ
総勢19人の主要キャストが繰り広げるアンサンブル・ラブストーリー。弟に恋人を取られたミステリー作家ジェイミー(コリン・ファース)は南仏へ傷心旅行に。一方その頃、若くてハンサムな英国新首相デヴィッド(ヒュー・グラント)は秘書に一目惚れしてしまい、悶々と悩んでいた。(シネマトゥデイ)
2003年 アメリカ・イギリス 135分
監督:リチャード・カーティス
出演:ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソン、アラン・リックマン、コリン・ファース、ローラ・リニー、キーラ・ナイトレイ、ローワン・アトキンソン


◆感想
登場人物が多過ぎて、どれが誰でどのお話かちゃんと理解出来るだろうかと、最初はおろおろ…汗
だって、外国の俳優さんってどの人も同じ顔に見える。
本当に好きな俳優さんや女優さんじゃないと分からないくらいのレベルkyu
でも、ちゃんとついて行けました。
評判はいいのに、誰が誰だか分からないとかだったら、自分が情けなくなっちゃうもん。

それぞれの恋のお話が、切なかったり、可愛かったり、暖かかったり。
キーラ・ナイトレイに恋した男性には拍手を送りたいし、言葉が通じない男女の恋も良かった。
人を好きになる気持ちに、国境は言葉は関係ないんだなって、改めて思いました。
小さな男の子の小さな恋のお話もとっても可愛かったの!
男の子が好きになった女の子の発表会(?)も、とっても素敵な歌声で、思わずにんまりしました。
いくつものお話がある映画はそんなに好きな分野ではないけれど、心がぽかぽか温かくなれるような映画でしたハート


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 洋画★★★★☆ | 17:34 | comments(0)|
奇跡のシンフォニー
◆あらすじ
孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設からマンハッタンへと導かれる。さまざまな出会いにより、エヴァンの音楽の才能は開花。同じころ、離ればなれとなっていた両親も、それぞれの思いを胸にニューヨークへと赴いていた。(シネマトゥデイ)
2007年 アメリカ 114分
監督:カーステン・シェリダン
出演:フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リス=マイヤーズ、テレンス・ハワード、ロビン・ウィリアムズ


◆感想
街の雑音が音楽に聞こえたり、次々に音符を書いていったり、主人公の神童っぷりがすごかった。
オーケストラからロックになるところもぞくっとしたしね。

信じ続けるってすごい事で、それはまだ少年だから出来た事なのかもしれないけど、信じ続ける事の大切さを感じました。
信じ続ける事って、歳を重ねるごとに失くしてしまうけれど、それでも信じる気持ちを大切にしたい。

最後はもうちょっと続いて欲しかった気もするけど、感動&奇跡で終わるにはあれで良かったのかな。


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 洋画★★★★☆ | 23:06 | comments(4)|
バック・トゥ・ザ・フューチャー
◆あらすじ
友人の科学者ドクの作ったタイムマシン・デロリアンに誤って乗り込んだ高校生マーティが30年前の世界へ。その世界でのドクの協力を得て元の世界へ帰る方法を見つけたマーティだったが、彼には少女の頃の母親に惚れられたために変わりつつある歴史の修復作業が残っていた。(allcinema ONLINE)
1985年 アメリカ 116分
監督:ロバート・ゼメキス
出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、クリスピン・グローヴァー、ウェンディ・ジョー・スパーバー、マーク・マクルーア、クローディア・ウェルズ、トーマス・F・ウィルソン、フランシス・リー・マッケイン


◆感想
こんなに有名な映画を見ていないのはマズイと思い、勧められたので見てみました。
いつの時代もタイムトラベルにはわくわくする。
最後はどうなるか大体分かっていても、最後までどうなるのかドキドキしながら見れました。
どうなるの?どうなるの!?って、ホントにドキドキで…!
現代と言っている事とやっている事が違うママが面白かった。
過去に行って母親が自分に惚れるという韓国のドラマがあったけど、そのお話もこの映画からきてるのかな。
ドクは未来は知らない方がいいと言っていたのに、結局知っちゃったのね。
発明家のドクのキャラがいいです。
こういういい意味で大人になりきってない大人って子供たちの味方だと思う。
ドクとマーティンの友情も素敵。
お話も単純で、純粋に楽しめて、見終わった後にすっきりした気分になれました。
けど、パート2とかはたぶん見ないかな。


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 洋画★★★★☆ | 21:48 | -|
デイ・アフター・トゥモロー
◆あらすじ
南極で研究を続ける古代気象学者ジャック・ホール教授(デニス・クエイド)は調査データから地球規模の自然危機を予感する。そして、その4か月後、東京などで異常気象が発生し彼の嫌な予感は現実味を帯びてくる。(シネマトゥデイ)
2004年 アメリカ 124分
監督:ローランド・エメリッヒ
出演:デニス・クエイド、ジェイク・ギレンホール、イアン・ホルム、エミー・ロッサム、ジェイ・O・サンダース


◆感想
これすごく怖かった。現実にありえる事だから、余計に怖くて、怖くて…。
目を逸らす事の出来ない環境問題。考えさせられたけど、規模が大きすぎて、結局日常生活で何かするというほどにはなれなかった…。
CGもすごかったです。映画館で観たら迫力があっただろうな。
大きなヒョウは降るし、竜巻があちこちで起こるし、温暖化で氷が溶けて、異常気象で氷河期になって…。ラストが全然予想つかなくて、これはもう人類滅亡しかないんじゃ…、と思っていたから無理矢理まとめられた感が否めない。
最後はちょっと無理矢理納得させざるおえないけど良かったです。


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 洋画★★★★☆ | 10:29 | -|
アダムス・ファミリー2
◆あらすじ
アダムス一家に新たな一員が加わった。モーティシアに赤ちゃんができたのだ。産まれた子供の乳母としてデビーという若い女性がやって来る。だがそのデビーは連続殺人犯だった・・・アダムス一家の騒動を描くホラー・コメディの第2弾。
1993年 アメリカ 100分
監督:バリー・ソネンフェルド
出演:アンジェリカ・ヒューストン、ラウル・ジュリア、クリストファー・ロイド、クリスティナ・リッチ、ジミー・ワークマン、キャロル・ケイン


◆感想
前にテレビで見たんだけど、もう一度見たくなって見てみました。
相変わらずの不気味でおかしな家族が楽しいです。お馴染みのあの曲も耳から離れません。大好きです。
サマーキャンプの劇でのシーンは爽快!子供の頃の嫌〜な感じを吹っ飛ばしてくれました。
お父さんとお母さんのダンスのシーンやハンドが運転するシーンも好き。
ウェンズデーの恋もちょっとあったりして、1よりは2の方が好きです。
だらだらする事なく、最初から最後まで楽しんで見れました。


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 洋画★★★★☆ | 21:42 | -|
愛の記憶
◆あらすじ
チヌ(ソ・ドヨン)とハヨン(イム・ソンオン)は付き合って1年になるカップル。一見普通のカップルに見えるが、ジヌは深刻過ぎる物忘れに悩まされている。彼は7歳の時、母に捨てられたというトラウマから逃げるため、自分でも知らぬ間にその記憶を消したせいで、病的な物忘れにかかってしまっていたのだ。しかし、捨てられた記憶を完全に消せないため、愛する人には捨てられないように執着し、執着すると同時にその人を忘れてしまうジレンマにも陥ってしまう。時間が経つほどハヨンのことを忘れていく自分の物忘れが怖くなり、ハヨンに別れを言い出すジヌだが…。
2007 韓国


◆感想
主人公のチヌが健忘症で、「私の頭の中の消しゴム」を思い出しました。
別れ話をしても健忘症のせいにして、忘れた事にしてるとこが何だか可愛くって。
チヌの部屋のチヌがハヨンを忘れないように書いたハヨンの絵とか、ハヨンがチヌが忘れてしまわないように、たくさんのメモを壁に貼り付けたり、そういうのが暖かくていいな。
あと、キスシーンも素敵だった。チヌ役のソ・ドヨンがすごく優しーい表情で。
このDVDを見て、可愛くてかっこいいソ・ドヨンが好きになってしまいました。


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 洋画★★★★☆ | 15:53 | -|
どうすりゃいいんだ!! ~1979年の贈り物~
評価:
イ・ジュンギ,イ・ヨンジュン,イ・ウネ,パク・マンヨン,ソ・シネ
Amazonおすすめ度:
◆あらすじ
ローラーブレードが得意な18歳の青年ソンホ(イ・ジュンギ)。彼は人生に目標も持てずに毎夜遊び回っているが、その理由は彼の複雑な家庭環境にあった。と言うのも、彼の父はリストラに遭い、母はガンで闘病中なのだ。やがてソンホは父と口論の末に家を飛び出すが、ローラーブレードを踏み外し、高層ビルから落下!ふと目が覚めると、何とソンホは1979年のソウルにタイムスリップ。そこには若き日の父と母がいた…
2004 韓国


◆感想
まさかお父さんとお母さんと三角関係になるとは思わなかった。
ソンホと若い頃のお母さんのシーンが好き。癌で闘病中のお母さんへの思いを打ち明けるソンホに感動するし、お母さんの切ない表情にキュンってなったり。
自分と同じくらいの歳のお父さんとお母さんと同じ時間を共有するってすごい事。だから、お父さんとも分かり合えて、友情が生まれて、気持ちも分かって、今まで気づかなかった事に気づいたり。
イ・ジュンギ目当てで見たドラマだけど、それがなくても感動出来ると思う。


良かったらポチッとお願いします♪♪
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
| 洋画★★★★☆ | 12:59 | -|
| 1/1PAGES |